占星術

パワーストーンと古代エジプト

今パワーストーンを扱っているお店がとても増えてきています。
今までよりもパワーストーンを身近に感じる人も多いのではないでしょうか?
さらにファッション感覚で使用する人も増えてきています。
お守り代わりや願い事祈願などの意味合いで、ブレスレットなど身につけられるものを作る人もいます。

そんなパワーストーンの歴史は古く、不思議な力があるものとして崇められているものもあります。
パワーストーンの歴史の中で、とても関連強い時代があります。
それは古代エジプト時代です。

古代エジプト時代とは、紀元前3000年前にエジプトを中心に発展しました。
ファラオという名の王様を中心に国づくりが行われていきました。
最初に古代エジプト船体が統一されたのが、紀元前2900年前のことです。
ナルメル王によって第一王朝が始まります。
その後、紀元前30年前までの3000年間という長い期間古代エジプト時代が続きます。

世界中でも知られている、アレキサンダー大王、クフ王、クレオパトラ、ツタンカーメンといった誰もが知っている王様によって統一されてきました。
今でもエジプトの象徴といわれている、ピラミッドの建築やミイラという方法で王様の遺体を防腐加工し始めたのもこの時代です。

特にミイラが納められた棺の中には、多くの装飾品が一緒に埋葬されていました。
その装飾品こそ、パワーストーンで作られたものが多く存在したことが分かっています。

例えば、ラピスラズリ、トパーズ、ターコイズ、ジェダイト、タイガーアイなどの使用した装飾品が数多く発掘されています。
それはパワーストーンが当時は神様の象徴として扱われていたからです。
パワーストーンを通じて神様の力や神様のお告げなどを伝える道具として大事にされてきました。
なので当時行われた儀式には必要不可欠なものでした。
その他にも天然石を身につけることで、自分の身を守るという守護石的な役割をしていました。

また古代エジプト時代でパワーストーンが扱われた要因として、民間薬としての役割がありました。
当時薬などがない時代で、金、銀、銅以外にもラピスラズリ、ヘマタイト、アズライトなどのパワーストーンが使用され血ました。
何らかの疾患や病気になった人に治療剤として使用されていました。
この治療法は紀元前1500年の頃ので、世界最古の医学書として注目されています。

このように多くの面でパワーストーンは古代エジプト時代とかかわりがあることが分かります。
パワーストーンで運気が上がって絶好調だという方は、この機会にFXhttp://howtoswingagolfclub.org/
を始めてみませんか?

Copyright(C) 2013 石の力で幸せを All Rights Reserved.