占星術

日本の文化とパワーストーンの関係

今の日本ではパワーストーンの専門店が増え、身近なものへとなってきました。
特にストレスを感じやすい現代人にとって、不安や心配、多くの願い事があります。
そんな願い事を成就させるために、より自分の能力を高めてくれるパワーストーンを身につける人が多いです。
それ以外には、自分に降りかかりそうになる災難や外敵から自分の身を守るといった目的で使用される人もいます。

人によって目的が異なり、選ぶ石も異なります。
多くの人は、常に身につけられるようなブレスレットやネックレス、指輪などにパワーストーンを取り入れる人が多いです。
宗教心があまり強くない日本では、信仰心が強い人だけがパワーストーンを信じ持っていました。
しかし今ではファッション感覚でおしゃれの一つとしてパワーストーンを取り入れています。
また、スピリチュアル的な要素とパワーストーンの効果がむすびつき、多くの人にパワーストーンの効果が知られました。
これによって今のパワーストーンの文化がより広まった要因ともいえます。

日本では最近のブームのように感じられる人も老いでしょう。
しかし実はとても歴史が古く、縄文時代からパワーストーンが扱われていたということが分かっています。
遺跡からは翡翠や水晶、コハクなどを使用した勾玉が発見されています。
勾玉は穴の部分に紐が通されて、ネックレスのようにして身につけ、魔除けなどの意味合いがありました。
また祭事などの際に使用されるなど、とても重宝されてきました。
そして、パワーストーンなどを含む石は、昔から神霊が宿るものとしてとても大事に扱われてきました。
なので日本の歴史ある寺院では、パワーストーンで作られた御神体などが今でも残っています。

日本でも山梨県の鉱山などで、多くのパワーストーンが発掘されて輸入をしてきました。
今では日本で採掘できるところがなくなり、より貴重なものになりつつあります。
このように昔からパワーストーンは生活の一部や、祭事などの節目に使用されるものとして日本人の文化の一部として形成されてきました。
母親の健康と長生きを願って、母の日http://xn--u9jv32ntyd.ws/genki.htmlにはパワーストーンを送ってみてはいかがでしょうか。

↓子供の七五三についてはこちら


Copyright(C) 2013 石の力で幸せを All Rights Reserved.