占星術

占星術とパワーストーンの関係

今私たちの日常生活に身近に感じられつつあるのがパワーストーンです。
パワーストーン専門店も増え、身近で購入できる機会が増えました。
またそれだけでなく、精神的な不安や願い事への祈願など何かの力に頼りたいと思う人が増えてきています。
そのため需要も高まりつつあるのが現状です。

中でもパワーストーンと占いの関係はとても強いものがあります。
昔から何かの決断をする時、災いがおきて解決するときなど占いをもとに決断する場合が多くみられました。
中でも歴史深いのは、占星術とパワーストーンの関係性です。

占星術とはよく聞いたり、目にすることはあっても、詳しく知らない人もおいいでしょう。
占星術の起源とは、太陽、月、惑星などの天体の動きと人間や社会を結び付けて占う方法です。
古代バビロニアの時代に天体観測によって占星術が生まれました。
昔の人は夜になると多くの星の動きを観察し、気候など多くのことを予測してきました。
そしてその予測をもとに、船での移動、陸地での移動の目印としてきました。
また天候や災害に左右されやすい農業なども、天体観測をもとに行われていました。
その天体観測をもとに作られたのは占星術です。

この占星術は、国の方向性を決める際にも参考にされ、より発展していきました。
それがだんだん一般化していき、今では個人の人生の方向性を占うようになりました。

占星術は主に二つの種類に分かれています。
まず一つ目は、ギリシャ、インド、ヨーロッパ、アラブの地域で発展を遂げたのが、西洋占星術です。
そしてもう一つは、中国や東アジアなどを中心として発展してきた東洋占星術です。

日本は地理的には東洋に分類しますが、西洋占星術のほうが身近な存在だといえます。
それはよく私たちが毎日のニュースなどで流れる星占いをよく見るという人が多いのではないでしょうか。
星占いの原点は占星術から生まれているため、知らないうちに占星術を取り入れていることにつながります。

そんな占星術は、生まれた生年月日や時刻によってホロスコープろいう天体の配置図でどの位置にあるのかを描きます。
その示す場所を解釈していくことで、その人の新たな道を切り開いていくというものです。
この新たな環境や試練、希望などに適したパワーストーンを選ぶことで、よりその人の力を引き出してくれる働きがあります。
なので占星術で占った結果、今後の行く末や心配事、未来への道筋などが見えてきます。
その道筋を支えてくれるパワーをもたらしてくれるという言う意味で、パワーストーンと占星術は大きな関係があります。

また占星術は近代になると、星占い、星座占いとしても利用されることが増えました。
そこでその星座ごとに、本来持ってるパワーを強くさせるパワーストーンなどがあります。
また星座の特徴に合わせて相性のいいパワーストーンもあったり、誕生石とも大きくかかわってきます。
大事な人との結婚指輪http://www.nybma.com/daiya.htmlを、願いを込めたパワーストーンで作られても素敵だと思います。

Copyright(C) 2013 石の力で幸せを All Rights Reserved.